フォト

本を出しました

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« パナマ文書でタックスヘイブンが話題になっておりますが、国税庁も麻生財務相も、マイナンバーによる海外資産・取引情報の把握には限界があると申されております | トップページ | 「あなた 会社(学校)辞めますか、それともマイナンバーカード持ちますか」の恐怖の選択が今そこに  企業・学校での一括申請を薦める総務省 »

2016年4月11日 (月)

マイナンバーで海外資産の把握はやはり困難 -パナマ文書で首相が辞任したアイスランドにも番号制度はあった!

 アイスランドでは、パナマ文書により、グンロイグソン首相がタックスヘイブン(租税回避地)で巨額投資を行っていたことが発覚し、辞任に追い込まれました。

アイスランド首相が辞意を表明 『パナマ文書』で初の首脳辞任」(ハフィントンポスト)

 グンロイグソン氏は、妻と共同で2007年にイギリス領バージン諸島に会社を設立。アイスランドの大手銀行3行に投資していた。その後、2008年のリーマン・ショックで3銀行が破綻。グンロイグソン氏は2009年に国会議員に当選したが、自身の会社の持ち分を、妻に1ドルで譲渡していたが、保有資産として申告していなかったことが、この文書をもとにした報道で明らかになった。

アイスランド首相が正式辞任」(日経新聞 2016/4/8) 

 ・・・引用者略・・・

 グンロイグソン氏は英領バージン諸島に会社を設立し、巨額の投資を行っていた疑いが浮上。金融危機で痛手を負ったアイスランドの国民らが「財産隠しだ」と激しく反発し、辞任に追い込まれた。

 ところで、アイスランドには Kennitala という国民総背番号( Personal identification number )があり、納税者番号としても使われているようです。
 この番号制度があったにもかかわらず首相は、国民に知られることもなくタックスヘイブンに巨額の資産を置くことができたようです。

 日本の国税庁や麻生財務相が認めているように、マイナンバーのような番号制度で海外資産を把握することはやはり困難なようですね。

 こちらは、ネット検索で見つけた The Multicultural Centre の Kennitala の案内ページ。

Personal identification number (ID No.) | Identification Number | Administration | English | Fjolmenningarsetur

463

In a matter of speaking, the identification number is the key to the Icelandic society.

It is necessary to have been issued an identification number in order to register legal residence in Iceland, to get a tax card, open a bank account and to apply for a home telephone and internet connection.

 Kennitala は、住所登録をし、税カードの取得、銀行口座の開設、自宅への電話やインターネットの引き込みに必要なようです。

 こちらは OECD のサイトにある Kennitala に関するページ(PDF)

464

The Icelandic Identification Number (kennitala) is used as a TIN in Iceland. This number is a unique number issued to both individuals and entities.

・・・・・・・・・・・・

TINs are used for all taxes in Iceland.

と書かれています。TIN は Tax Identification Number いわゆる納税者番号のことですね。これがすべての「税」で使われていると。

 この情報が掲載されているのは OECD の Tax identification numbers (TINs) のページです。OECD 各国の納税者番号に関する情報が掲載されていて面白いですね(Russian Federation など情報の掲載されていない国も多いですが)。
 Japan (PDF)は、もちろん My Number です。当たり前ですが OECD はマイナンバーを納税者番号と認知しているのです。

 なお、Wikipedia によると Kennitala は1983年からあるもので、国民番号制度としては3代目のようです。初代の Birth number は1953年にスタートしたと書かれています。

 現行の番号制度さえ30年以上前から始まっているにもかかわらず、1975年生まれのグンロイグソン首相の海外資産は把握できていなかったようです。
 もっともアイスランドの国税当局は知っていたが、国民は知らなかったという可能性もあります。しかし、冒頭のハフィントンポストの記事では「保有資産として申告していなかった」とありますから、やはり国税当局は、本人から申告されていなかったので、番号制度があってもわからなかったのでしょう。
 

« パナマ文書でタックスヘイブンが話題になっておりますが、国税庁も麻生財務相も、マイナンバーによる海外資産・取引情報の把握には限界があると申されております | トップページ | 「あなた 会社(学校)辞めますか、それともマイナンバーカード持ちますか」の恐怖の選択が今そこに  企業・学校での一括申請を薦める総務省 »

ニュース」カテゴリの記事