フォト

本を出しました

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« マイナンバーカードに、ポイントカードの機能を載せる“バカ”政策 (4) | トップページ | マイナンバーカードを使い、がん患者を対象に診療情報やMRIなどの検査結果を病院間で共有する連携サービス開始へ -前橋市と群馬大学など »

2016年2月23日 (火)

福田内閣府大臣補佐官、マイナンバーの入ったTシャツを着る発言、マイナンバー法に違反する恐れがあるとして、5ヶ月以上かかってようやく撤回

 番号はただの『名前』。私が『福田峰之』と知られて、まずいことは何もないということと同じだ。私は自分の番号が入ったTシャツを作ろうと思っている。番号を知られても問題がないということを、自ら実践する」と、 「週刊エコノミスト」の2015年9月15日号のインタビュー記事で発言されていた福田峰男・内閣府大臣補佐官は、この度、発言を撤回されたようです。

 ※参考 発言に関するブログ記事「自分のマイナンバーが入ったTシャツを作ろうと言う内閣府大臣補佐官、番号法に抵触しないのか」(2015/10/13)

 発言を撤回するとの福田氏の言が掲載されているのは、ネットニュースの「政治山」(2016年2月23日付け)の記事「マイナンバーカード申請4月までに1000万枚超へ―福田峰之衆議インタビュー」。その部分を抜き出すと・・・

福田氏  自分の番号が入ったTシャツを実際作っていないし、これから作って、着る予定もありません。仮に、自分の番号が入ったTシャツを着て公衆の面前に出ていった場合は、マイナンバー法第19条の提供制限に違反する恐れがあります。この部分の発言については、比喩的な表現としても適切ではなかったと考えています。誤解を与え、多くの皆さんにご迷惑をかけたことをお詫びして、この機会に発言を撤回させていただきます。

 発言が雑誌に掲載されてから5ヶ月以上経過した時点での発言撤回。なぜ、こんなに時間がかかったのでしょう。マイナンバー法(番号法)の第19条に違反するおそれがあると認識するまでに、時間がかかったということなのでしょうか。私には理解できません。

« マイナンバーカードに、ポイントカードの機能を載せる“バカ”政策 (4) | トップページ | マイナンバーカードを使い、がん患者を対象に診療情報やMRIなどの検査結果を病院間で共有する連携サービス開始へ -前橋市と群馬大学など »

ニュース」カテゴリの記事