フォト

本を出しました

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (5) | トップページ | マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (3) »

2015年5月19日 (火)

マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (4)

 この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

目次

 (1)共通番号制度が始まって数年後の201X年――A市の市役所にて

 (2)引き続き――A市の市役所 PCコーナにて

 (3)A市の市役所前のビルの2階 NMC

 (4)引き続き――A市の市役所前のビルの2階 NMC

 (5)A市内にある親切岳度医院の受付窓口

 (6)引き続き――A市内にある親切岳度医院の受付窓口

 

(4)引き続き――A市の市役所前のビルの2階 NMC

1478****578「よくわからないけど、何か恐いですよね」

3120****748「いやご心配はいりません。先ほどご同意いただいた契約書通り、わたしどもは、知り得たお客さまに関する個人情報は、お客さまの不利益になるような形での利用は一切いたしません(あとで文句言われないように、キータッチも、画面も、この会話も全部記録されていますよ。で、会社の方で客の利益だと判断すれば、勝手にどんどん利用しちゃうけどね)。もし、わたしどものサービスをご利用していただいたことから、何かお困りのことが生じましたら、私どもも加入しております代行手続きサービスの業界団体の相談窓口もございますので、そちらをご利用ください(団体の会長は、業界最大手の我が社NMCの社長だから、暖簾に腕押し、糠に釘ですけどね)」

3120****748「ところで1478****578様、『こども園』はどうされます。もし、ご希望でしたら申込みができますが」

1478****578「えっ、そうなんですか。これから求職活動しないとダメだから、助かる~」

3120****748「もちろん、『こども園利用券』の申込みですよ。『こども園利用券』が届いてから、お客さまが希望する『こども園』に自分でお申込みをしていただく必要があります」

1478****578「そうですよね。券が届いてから自分で探すんですよね。離婚前に子どもを預けていた時もそう。あの頃は、2人でいっしょにあっちこっち歩いて探したな。なかなか空きがなくてたいへんだったけど」と遠い目

3120****748「大丈夫です、この電子私書箱で申込みできますよ。券といってもメールで送られてくるだけですから。もちろん、わたしどもがお申込みを代行することも可能ですし、我がNMCの系列会社、子どもなんか知るか丸儲け園が経営している『こども園』も、市内にありますし(思いっきりすし詰めだけどね、給食はコンビニ弁当だし、保育士は園長除いてみんな無資格のアルバイトだけどね)」

1478****578「じゃ、とりあえず利用券お願いします。園の方への申込みは券が届いてから考えます。で、申し込むには何が必要でしたっけ」

3120****748「いまは、何もいりません。こうやってクリックするだけ、あとは厚生労働省のコンピューターが、要件を判定して、券が出せるかどうかですよね、でOKだったらメールで送られてきますから。あっ、これはちょっと」

1478****578「どうしたんですか」

3120****748「5247****002様、娘さんがですね、慢性疾患をお持ちで、先々月も入院されていますね。通院もされてる。株式会社・格差会混合診療病院ですか、これ前の住所の近所ですね。今のお住まいからだと、ちょっと遠いですね。健康保険の利用額も多いと。派遣会社の健保から国保に替わってらっしゃる。これは当たり前ですけど。(あっ、国保の保険料、初っぱなからいきなり滞納だ。そりゃこれだけ健康保険使ったら保険料高くなるわ。まあ、それでもクレジットカードで払うようにすりゃとりあえず払ったことになるのに……って、クレジットカード全部、別れた亭主の家族カードじゃん、こりゃ引き落としでけんわ)」と言葉に詰まりながら。続けて、

3120****748「ご存知だと思いますが、この疾患の場合、条件付き利用券になりますね。受け入れてくれる『こども園』が限られますから。子どもなんか知るか丸儲け園の『こども園』は絶対に無理ですね(そんな手間のかかる子の世話をしていたら儲かりません。もし、万が一、子どもに死なれたら裁判がたいへんですから、お金も時間もかかるし。まあ、どうせ裁判では勝つのですけどねって、この前、NMCの経営研修に来た講師の園長が言ってたな)。で、どうします」

1478****578「お願いします。でも条件付きって……、入れないと仕事できないし、どこに相談すれば……」

3120****748「相談ですか。ん~市役所に行ってもねぇ~、保育が市役所の仕事だったのは昔の話ですからね。『痛みをわかちあい、自助・自立の日本をつくろう、みんなに迷惑をかけないようにしよう』ってことですから(小学校の今日の目標みたいだって言うやつもいるけど、俺は支持してるよ、なんたって俺BBTのNMC職域第256支部の支部長代理補佐心得その三だからね。俺たちの兄貴、ビックブラザーこと大泉順次郎首相が、俺たちのこと考えて提案してくれた救国のスローガンだからね、まあ選挙には一度も行ったことないけど)」と、エンドレスで『痛みをわかちあい~』の歌を流し続ける天井に埋め込まれたスピーカーを指さしつつ

3120****748「子育ては自己責任、自助努力、こども園は民間の事業だって言われるだけだろうし。いっそのこと厚生労働省にメールでも送りますか。どうしてくれるんだってね、まあ返事は来ないでしょうけど(いや、ひょっとするとビックブラザーからメールが来たりして、いまこそ痛みをわかちあおうって。ハイル大泉なんちゃって)」思わず右手を斜め前に伸ばしそうになった3120****748

1478****578(お母さん、パチンコとか連れってってないだろうな。未来大丈夫かな)

3120****748「じゃ、とにかく5247****002様の分、申し込んどきますよ」と、マウスをカチャカチャと

1478****578「あっ、はい、すいません。でも、すごいですね、娘の病気のことまでわかっちゃうんですね」

3120****748「共通番号から健康保険の種類や利用状況、診療記録、投薬記録、それから生命保険、医療保険の加入状況、ドナー登録の有無、全部わかるようになっています。最初は、自分で自分の情報を確認して、健康管理に活用するという話だったんですが、いまは、いろいろと使われていますよ。生命保険に入るときも、引き受けの判断だとか、健康保険料の計算なんかにも使われていますよ。病気がちの人は高くしないと損だというわけですよ。ほら保険料は走った分だけって自動車保険のCM昔あったでしょ。あれと同じですよ。なんで不健康な人と同じ保険料なんだってね。まあ最近じゃ、メタボだって、高くなるって話ですしね」と、前に突きだしぎみの腹を左手でさすりながら、「まあ、病歴の提供は本人同意のうえですが(同意しなけりゃ生命保険の加入も、健康保険も使えないし、診療もしてもらえないんだから、同意も何もあったもんじゃないんだけど)」

1478****578「大泉さんが言っている、みんなに迷惑かけている人はだれだ、探してやっつけろってやつね(BBTってよくわからないけど、大泉さんは、政治家にしては若いし、いい声だし、ハンサムだし、独身だしね。別れたバカ亭主の何万倍もカッコイイな)」

3120****748「いやビックブラザーは、やっつけろってまでは言ってませんよ。あの人は優しいんだから。ただ共通番号使って探そうってね、みんなに、そう呼びかけているだけ。BBTの中には過激な人もいますがね(俺の支部にも、障害者施設に殴り込みをしようなんて言うやつもいますがね)。で、もう他にありませんか。まだ最初の30分、少し残ってますよ」
と、突然、ディスプレイの画面にヨッホッホーのキャラクターが登場し「見てね、見てね」とコールを連発し踊り狂う。

1478****578「何なんですか、これ。まさかウイルス」

3120****748「これ、鬱陶しいですよね。ただのCMですよ。クリックするまで消えない、はい、コチットね」とクリック

1478****578「あっ、かわりに何か開いた」

3120****748「お客様、これ年金積立保険のCMメールですよ。ヨッホッホーの関連会社のヨッホッホー支払い渋りますよ生命保険からの。お客様の年金、これまでの毎月の保険料では、70歳になって年金支給が始まっても、生活が満足にできませんよって。お金足りませんよって。それに、これからの保険料の負担見込みと、給付見込みを比べると、お客様は差し引き500万円ほど損をしますよってなってますね」

1478****578「へぇーっ、そんなこともわかるんだ(わたしの500万円誰が持っていくんだろ)、でも、どうすればいいの」

3120****748「ヨッホッホー支払い渋りますよ生命保険株式会社の年金積立型医療生命保険に加入すれば、万事解決とありますね。毎月5,000円払えばですけどね。もうひとつありますね。ヨッホッホー手数料で丸儲け証券株式会社からのメールですね。こちらも年金不足の解決は株式投資でってありますよ」

1478****578「ヨッホッホーって、かしこいようでバカですね。わたし失業中なのに」

3120****748「大丈夫です。お金のない人は、ヨッホッホー骨までしゃぶる消費者金融株式会社から融資を受けられますよっていうメールもあります」

1478****578「お金貸すって、担保にするようなもの何も持っていませんよ」

3120****748「いや~、お客さん自身が知らない何かを、ヨッホッホーが見つけ出したのかも知れませんよ、世界中のコンピューターを検索してね、何か価値あるものをお持ちじゃないんですか…へっへっへっ」と目で1478****578の身体を下から上へ、上から下へと

1478****578「何それ、恐い」

3120****748「じょ、じょ、冗談です。わたしには妻も子もいますから。それに臓器売買って話もありますから(ネットの掲示板に載ってたやつを思い出して)、もちろんジョークです、ジョークね。あっ、そうだ。仕事探しているんですよね」

1478****578「ええ、探してます」

3120****748「じゃ、こんなバカメールほっといて、仕事探しサービスも申し込んどきますか。条件言ってください」

1478****578「そんなこともできるんですか」

3120****748「お客さまが利用されているヨッホッホーの電子私書箱には、おまけとして仕事探しサービスが付いています。とは言っても、単に系列会社のヨッホッホーピンハネJOBにリンク貼ってあるだけですが。やっぱりご希望は派遣ですか」

1478****578「そうですね。正社員なんて今さら無理ですよね」

3120****748「何か資格持ってます?」

1478****578「ホームヘルパーの2級なら」

3120****748「そうですか、でも介護職って、いま外国人ばかりですよね。日本人はまず採用ありませんよ。規制撤廃で、どっと外国から入って来ましたからね。看護師も外国人増えてますよね。日本語大丈夫なのかなと、わたしなんか心配しますけどね。で、他に希望とか条件とかありますか?」

ヨッホッホーにこれ以上、わたしの個人情報知らせて大丈夫なのかなぁと思いつつ、背に腹は替えられないと、3120****748に希望と条件をあれこれ告げていく1478****578。

3120****748「はい、今日は、お疲れさまでした。おっと、ちょっと時間オーバーですね、まあ今日は初回なのでサービスしておきます。1,000円で結構です。また何かありましたら、お気軽にお越しください(きっとまた来るな、このタイプの人は、自分でできないから)」とニッコリ笑い、国民IDカードを疲れ切った様子の1478****578に返す。

500円硬貨2枚を重ねて差し出し、軽く頭をさげて出て行く1478****578。そこへ携帯電話の着信音。1478****578の母2170****026からだ。先週末から、娘を見てもらうために家に泊まってもらっている。

2170****026「ミーちゃん、熱出しちゃったの、いつものやつみたい。すぐに帰ってこれる」

1478****578「用事終わったから、すぐ帰る。でも格差会混合診療病院は遠いから、とりあえず、駅前の診療所、えーっと親切岳度医院だっけ、そこに連れて行くから、お願い、もうちょっと見てて」

 

 (5)A市内にある親切岳度医院の受付窓口  →

« マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (5) | トップページ | マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (3) »

フィクション」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600763/61611105

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (4):

« マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (5) | トップページ | マイナンバー  待ち受ける私たちの未来 (3) »