フォト

本を出しました

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« マイナンバーに関する黒田のツイート(2015/3/15) | トップページ | 神奈川県保険協会主催の講座でマイナンバーの講演をします »

2015年3月20日 (金)

マイナンバー反対運動への問題提起

 2015年2月21日に東京で開催された「共通番号いらないネット 全国交流会」にて、マイナンバー反対運動への問題提起を行った際に作成したメモです。
 若干手を加えていますので、当日の話と多少異なる部分があります

1 共通番号制度が社会にもたらす効果(影響)は、推進者(政府、財界等)によってあらかじめ設定された意図の範囲で治まるとは限らない
1-1 推進者の誰かによって全てがコントロールできているわけではない
◎推進者には様々な立場があり、それぞれの思惑が複雑に交差している

◎一度始めると、推進者の意図(想定)を超えて暴走する恐れが強い
 → 日本の社会を根本的な変えてしまう可能性
   名前より番号、本人よりもデータが優先される社会

1-2 推進者の意図の範囲(例えば番号法の範囲、国会での政府答弁、国民への説明など)だけで批判しているのではダメ
◎想像力をたくましくすることが必要・・・想像力を超える可能性も
 ただし、私たちの日常の感覚・生活に則して

2 共通番号制度とは、いかなるシステムなのか
2-1 個人特定のシステム
◎一生に渡って、個人のトレース(追跡)が可能

2-2 プロファイリングのシステム
◎散らばった個人情報を集め仮想的に個人を再構築する
 ← 本人の与り知らないところで

◎ただし、再構築された個人≠本人 必ずしも正確ではない・・・人の多面性

2-3 分類・選別・等級化のシステム
◎価値のある人間なのか
 「真に手を差し伸べるべき者」は誰か・・・値踏みする
  ・・・社会保障や医療給付の制限、キャップ制度

2-4 排除のシステム
◎個人の「特定」は「排除」と表裏の関係
 番号を持っているのか否か・・・名簿に登載されているのか否か
  適法でない人の雇用や社会保障からの排除

3 共通番号制度は、生活・人生の様々な場面で作用し、影響を与える
3-1 社会保障
◎医療、健保、年金、介護、生活保護
 対象者である国民を様々な指標や基準で、分類・選別・排除する

3-2 税  雇用からの排除
◎番号を示さない、示せないものは雇用できない
 → 生存権を奪う ・・・社会保障からの排除も伴う

3-3 民間サービス
◎当面の「民間利用」 ・・・個人番号カードを身分証明書に
 ← プライバシーの侵害  例えば、年齢、性別、住所、名前

4 人びとの関心と反対運動
4-1 プライバシーとの関係
◎比較的イメージしやすい
 漏れる、悪用(犯罪)される ←現実社会が反映

◎しかし、合法と非合法が理解されていない

4-2 憲法や右傾化、戦争出来る国づくりとの関係
◎わかりやすい  例えば徴兵制
 ・・・しかし、徴兵制だけのためのシステムとしては大げさすぎる

◎一方、考えすぎ(陰謀論)の批判も
 「いくらなんぼ何でもそこまでせんやろ」

4-3 社会保障、税(雇用)との関係
◎残念ながら非常に弱い
 しかし、ここが推進者の意図の本丸 ← マイナンバーの出発点の一つは小泉・竹中

◎課題は、どう関心を引き起こし、運動を広げていくか
 例えば、中小企業の経営者、個人商店、従業員も個人番号関係事務実施者になる

5 しかし、現代社会において(広義の)監視は、もはや必要不可欠
◎ポイントカード、通勤・通学、ネット予約・通販、行政サービス、携帯電話等々

◎憲法、基本的人権擁護の面から、どう監視をコントロールしていくのか
 システム、制度、法 ←これらを担保するためには「国民の不断の関心」が必要不可欠

◎民主的コントロールの可能性の追求

« マイナンバーに関する黒田のツイート(2015/3/15) | トップページ | 神奈川県保険協会主催の講座でマイナンバーの講演をします »

コラム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600763/61308414

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー反対運動への問題提起:

« マイナンバーに関する黒田のツイート(2015/3/15) | トップページ | 神奈川県保険協会主催の講座でマイナンバーの講演をします »